子供の夏の事故、病気の対処方法、チェックポイントを紹介しています。 -子育て情報サイト「エルケア」-
エルケア TOP > 子供の病気 > 夏の病気

夏の病気

●プール熱 (咽頭結膜熱)

アデノウイルスといって、咽頭について高い熱・のどの痛み・はれを起こします。 同時に結膜炎を併発するのが特徴です。プールを介して流行しますが、入らなくてもタオルや接触で感染します。

■結膜炎の症状

白眼やまぶたの裏が赤く、目ヤニがたくさん湧き上がるように出るのです。感染力がとっても強く、他の子供や大人に移さないようにする注意が必要です。 きちんと治療を受けて治さないと角膜炎などを合併し、大変な事になってしまいます。

●ヘルパンギーナ

のどの奥の周辺に水疱ができ、痛くて食事ができなくなります。高い熱がありますが、2〜3日ぐらいで下がります。 必ず受診し、医師の指示に従って下さい。

●手足口病

手のひら・足の裏・膝・口の中にも米粒のような小さな水疱ができます。

乳児の場合は、お尻のまわりにもできる事が多いようです。 口の中にたくさん発疹が出ると、食べ物がしみて、食事がすすまなかったりします。

登園許可証はいりませんが、症状の程度により、 登園が無理な時もあります。 ウイルスは排泄物の中にたくさんいます。手洗いを充分にしましょう。

TOP

2009/05/11 子供の事故・病気 ニュース
民主・小沢代表、辞任の意向

L-Care幼稚園リストL-Careクラブ育児情報リンクカウプ指数
育児子育て幼稚園公立幼稚園私立幼稚園病気肥満
Copyright © 2000-2010 L-Care All Rights Reserved. サイトマップ 
カウプ指数

赤ちゃんマット
出産祝い
育児本Shop
通販カタログ

家庭の医学 こどものための こころの事典
家庭の医学