子供の誤飲をした時の対処方法、チェックポイントを紹介しています。 -子育て情報サイト「エルケア」-
エルケア TOP > 子供の病気 > こどもの誤飲

危険です!! こどもの誤飲

●直径32mmの輪を潜る物は窒息の危険があります。

子供は「はいはい」や「伝い歩き」をするようになると、手に触れた物は何でも口にいれるようになります。 誤飲の事故を防ぐには、予防が一番です。 ”こんな物は大丈夫”と思っている物の中にも危険な物がたくさんあります。その一部を紹介します。

●タバコ

タバコや吸い殻を2cm以上食べた時は、何も飲ませず、食べさせず吐かせて、すぐ病院に行きましょう。

灰皿の水などタバコを浸した液を飲んだ時は、水や牛乳を飲ませて、吐かせ、すぐ病院に行きましょう。

●ボタン電池

固形物の中で得に心配なのが、ボタン電池を飲んだ時です。

胃の中にいつまでも残っていると腐蝕して粘膜に穴をあけてしまう事があります。 病院へ行き、レントゲン検査を受けるのが良いでしょう。便に出れば心配ありません。

●ピーナッツ

ピーナッツは、3才まで与えない事が大切です。なぜなら気管支に入ると水分を吸収して膨らんで、ピーナッツの油分が粘膜を傷つけ、 肺炎の原因になります。

●こんにゃくゼリー

一口サイズのゼリーは、容器に直接口を付けて吸う食べ方が一般的です。

乳幼児の場合、丸ごと飲み込むと完全に気道が塞がれ、 窒息する場合があります。3才までの子供に与えるのはやめましょう。

TOP

2009/05/11 子供の事故・病気 ニュース
民主・小沢代表、辞任の意向

L-Care幼稚園リストL-Careクラブ育児情報リンクカウプ指数
育児子育て幼稚園公立幼稚園私立幼稚園病気肥満
Copyright © 2000-2010 L-Care All Rights Reserved. サイトマップ 
カウプ指数

赤ちゃんマット
出産祝い
育児本Shop
通販カタログ

家庭の医学 こどものための こころの事典
家庭の医学