子供が泣きやまない時の対処方法、チェックポイントを紹介しています。 -子育て情報サイト「エルケア」-
エルケア TOP > 子供の病気 > 泣きやまない

泣きやまない

●空腹

お乳を与えて泣きやむのは空腹だったからですが、泣くのはすべて空腹という事ではありませんので、 泣いていたからといってすぐお乳を与えるのはよくありません。まず泣く理由をいろいろ考えてみましょう。

●熱はないか・脱腸は

抱いてもお乳を与えても泣きやまない時はまず熱を測ってみましょう。

熱があれば中耳炎をはじめいろいろな病気がありますからすぐ診てもらって下さい。 熱がない時は一度裸にして、どこかに傷がないかどうか、あるいは下着に針・とげなどがないか、よく調べましょう。

普段から脱腸のある場合は必ずそこもみて下さい。脱腸がもどらなくなっている事(かんとん)があります。 これはすぐ手当てしなければなりませんので大至急受診して下さい。

浣腸して出た便に血液がまじっていれば腸重積症が考えられますのですぐに受診して下さい。遅くなると生命にかかわる恐い病気です。

TOP

2009/05/11 子供の事故・病気 ニュース
民主・小沢代表、辞任の意向

L-Care幼稚園リストL-Careクラブ育児情報リンクカウプ指数
育児子育て幼稚園公立幼稚園私立幼稚園病気肥満
Copyright © 2000-2010 L-Care All Rights Reserved. サイトマップ 
カウプ指数

赤ちゃんマット
出産祝い
育児本Shop
通販カタログ

家庭の医学 こどものための こころの事典
家庭の医学