子供の貧血の対処方法、チェックポイントを紹介しています。 -子育て情報サイト「エルケア」-
エルケア TOP > 子供の病気 > 顔色が悪い

顔色が悪い

●まず貧血を疑う

いつも顔色が悪い場合にまず考えなければならないのは貧血です。

小児では貧血はいろいろな原因で起こりますが、多いのは食事性のもの、感染症のあとのものなどです。

血液検査をすれば、貧血かどうかの診断はすぐつきます。 血液検査をしても貧血がない場合は「仮性貧血」といわれ、血管を収縮する神経(副交感神経)の働きの方が強いためで、多分に体質的なものです。 これはかなり多くみられ、ご家族の方の心配の種になっています。

神経質で顔色の蒼い子は一度貧血の検査をしてもらって下さい。 以前は悪くなかったのに最近顔色がなんとなく悪く、元気もないという場合は、何らかの「慢性の病気(結核、小児がんなど)」 の初期である事が少なくありませんので、精密検査をしてもらう必要があります。

急に顔色が悪くなった場合は、熱が高い、吐く、呼吸が苦しそうなど、いろいろな症状を伴っている事が多いのでそれぞれのページをご覧下さい。

TOP

2009/05/11 子供の事故・病気 ニュース
民主・小沢代表、辞任の意向

L-Care幼稚園リストL-Careクラブ育児情報リンクカウプ指数
育児子育て幼稚園公立幼稚園私立幼稚園病気肥満
Copyright © 2000-2010 L-Care All Rights Reserved. サイトマップ 
カウプ指数

赤ちゃんマット
出産祝い
育児本Shop
通販カタログ

家庭の医学 こどものための こころの事典
家庭の医学