子供のリンパ線が腫れた時の対処方法、チェックポイントを紹介しています -子育て情報サイト「エルケア」-
エルケア TOP > 子供の病気 > リンパ腺が腫れた

リンパ腺が腫れた

●腫れが大きくなっていく場合は要注意!!

子供はいろんな時にリンパ腺を腫らします。湿疹やあせもでも、膿んだ時はリンパ腺が腫れますし、おできなどができればもちろん腫れます。

しかし、多いのは、腫れ方が軽度であるためにその時は気付かずに、後で熱などが出た時に気付くといった場合ですが、だいたいはあまり心配ないものです。

「いつから腫れたのか分からない」「あまり大きくなく」「どんどん大きくなる様子もない」「痛みもない」などの場合は様子をみてよいでしょう。

問題はになるのは、「どんどん大きくなる」「表面の皮膚が赤くなって痛みもある」という場合で、「急性リンパ節炎」ですからすぐに診てもらいましょう。

赤ちゃんで熱が続いてリンパ腺が腫れていればまず「川崎病」と考えます。

これも早く診てもらって下さい。全身のリンパ腺が腫れて、皮下出血もあり顔色が悪く、 元気もないという場合は悪性の病気(白血病やその他の小児がんなど)の可能性がありますのですぐに受診して下さい。

TOP

2009/05/11 子供の事故・病気 ニュース
民主・小沢代表、辞任の意向

L-Care幼稚園リストL-Careクラブ育児情報リンクカウプ指数
育児子育て幼稚園公立幼稚園私立幼稚園病気肥満
Copyright © 2000-2010 L-Care All Rights Reserved. サイトマップ 
カウプ指数

赤ちゃんマット
出産祝い
育児本Shop
通販カタログ

家庭の医学 こどものための こころの事典
家庭の医学