子供の手足が痛い時の対処方法、チェックポイントを紹介しています。 -子育て情報サイト「エルケア」-
エルケア TOP > 子供の病気 > 手足が痛い

手足が痛い

●傷、青いあざ、腫れ、熱があるか

手や足を痛がるのはよくある事です。

歩くのが嫌で「あんよが痛い」などという事は、よちよち歩きの頃にちょくちょくあります。 昼間走り廻ったり、暴れすぎたりしても夜に足が痛いという事もあり、以上はほどんど心配のないものですが、 病気のための手足の痛みもありますので次ぎのような点に気をつけて下さい。

    1. 傷とは青いあざ(紫斑、皮下出血)がないかどうか。
    2. 腫てれいないかどうか。
    3. 熱があるかどうか。

このような症状がなにもない時はあまり心配いりませんが、ひとつでもある時は診てもらった方がよいでしょう。

痛いというところに傷や出血、腫れがあったり、ケガをした事が確実にあれば外傷(打撲、ねんざ、脱臼)です。 熱が出て手足が痛むのはインフルエンザ、風疹などでもみられますが、リウマチ熱、若年性関節リウマチ、敗血症、 白血症などいろいろな病気も考えられますので早く診てもらいましょう。

熱があって関節が腫れていれば急性関節炎です。熱がな関節が腫れている時は紫斑病の可能性もありますので早く診てもらいましょう。

TOP

2009/05/11 子供の事故・病気 ニュース
民主・小沢代表、辞任の意向

L-Care幼稚園リストL-Careクラブ育児情報リンクカウプ指数
育児子育て幼稚園公立幼稚園私立幼稚園病気肥満
Copyright © 2000-2010 L-Care All Rights Reserved. サイトマップ 
カウプ指数

赤ちゃんマット
出産祝い
育児本Shop
通販カタログ

家庭の医学 こどものための こころの事典
家庭の医学