子供の便秘、赤ちゃんの便秘の対処方法、チェックポイントを紹介しています。 -子育て情報サイト「エルケア」-
エルケア TOP > 子供の病気 > 便が出ない

便が出ない

●誤解されている便秘

便秘もご家族の方に誤解されているもののひとつです。

それは1日便がでない日があると、「便秘である」と思う方が多い事です。 便の回数は、赤ちゃんの頃から1日、1回(生後1ヵ月を除く)が普通ですが、1日か2日便が出ない日があっても便秘ではありません。 人のからだは生きものですから、この程度は調子が狂う事はいくらでもあります。

●本当の便秘

本当の便秘というのは、3日以上排便がない場合を言います。

そしてこのような場合は当然便も固くなります。 機嫌が悪くなったり、お腹が大きくなったりする事もあります。 このような場合は、一応浣腸をしてみてもよいでしょう。その結果、便が出て、また毎日便が出るようになれば問題はありません。

困るのは、いったん便が出ても、また便秘が続くという場合です。そうだからといって毎日浣腸をするわけにもいきませんので、 一度お医者さんに相談してみて下さい。 最近このような慢性の便秘が増えているようです。これは食生活がよくなったからのように思われます。

タンパク質(肉、魚、卵、チーズなど) を取り過ぎると便が固くなり便秘をする傾向があります。子供では離乳期に多く、一部では「蛋白過剰症」と呼ばれています。

TOP

●赤ちゃんの便秘(乳児の便秘)

お乳だけを飲んでいる時期の便秘は、母乳栄養の場合は、まず母乳不足を考えなければなりません。

そして便秘のほかに体重の増えが悪く、機嫌も悪い、授乳の間隔が短くなっているなどがみられれば、 すぐに受診して哺乳量(母乳の分泌量)を測ってもらう必要があります。 このような場合、お母さんのお乳の張りがいいかどうかはあまりあてにはならない事を忘れないで下さい。

最近母乳不足ではなく、体重の増加もいいのに便秘する赤ちゃんが増えております。 この原因んはまだ分かっていませんが、これは心配しなくてもよく、離乳が進めばだんだんよくなってゆきます。

人工栄養の場合は、ミルクの種類が関係している事もありますので、ミルクを変えてみる事もひとつの方法でしょう。 現在市販されているミルクは、栄養面ではほとんど差がないといってよいのですが、ことに便秘という事になるとこの傾向が強いものと、 そうでないものがあります。

この点については個人差もありますので、一概には言えませんが、ミルクの種類は無関係ではありませんので、 一度小児科医に相談してみて下さい。

TOP

2009/05/11 子供の事故・病気 ニュース
民主・小沢代表、辞任の意向

L-Care幼稚園リストL-Careクラブ育児情報リンクカウプ指数
育児子育て幼稚園公立幼稚園私立幼稚園病気肥満
Copyright © 2000-2010 L-Care All Rights Reserved. サイトマップ 
カウプ指数

赤ちゃんマット
出産祝い
育児本Shop
通販カタログ

家庭の医学 こどものための こころの事典
家庭の医学