子供の発熱の対処方法、チェックポイントを紹介しています。 -子育て情報サイト「エルケア」-
エルケア TOP > 子供の病気 > 熱が出た

熱が出た

●騒ぐ必要のない事も多い

「熱を出す」という事は、子供の病気の症状のうちで一番多いものです。

しかし、一般的には「熱が出た」という事に対して神経質になり過ぎているようです。これは、いわゆる「微熱」についてで、一般には37℃台の体温が少なくても1週間以上続いた場合を言いますが、子供によっては1日に1回ぐらい37℃を越えるのは珍しい事ではなく、これを異常とすれば微熱はいくらでもあるという事になります。

体温には、個人差があるので、ご家族の方は子供ひとりひとりの平常の体温(平熱)を知っておかなければなりません。平熱をしらないばかりに「熱が出た」と言って大騒ぎする人が少なくありません。

●熱以外の症状を観察して医師へ

一番心配なのは、急に高い熱が出た時でしょう。

実際に子供は、このような場合が最も多く、その原因もいろいろです。

「熱が急に出た」だけでは診断が難しい場合が多いのです。診断の際に参考になるのは、熱以外にどんな症状があるかという事です。例えば「咳きが出る」「吐く」「下痢をしている」「お腹が痛い」などです。

これらの症状がある場合は、大変診断の参考になりますので、気をつけて観察して、お医者さんに知らせて下さい。

「何度以上の熱は危険か?」というについては、熱の出る病気の重さの程度は熱の高さだけでは決められません。常識的には38.5℃以上と言われていますが、重い病気、急いで手当てしなければならないか決めるポイントは、「食欲」「顔つき」「機嫌」などの一般状態に注意する事です。

たとえ熱が高くても「機嫌がいい」「元気がある」などの場合はあまり心配しなくてもいい場合が多いのです。

TOP

●すぐに解熱剤はダメ

「熱が高い」といえば、すぐ「解熱剤」というのがほとんどの人が考える事だと思いますが、これば誤りです。 それは熱の高くなるのは、そのほとんどが「自分の体を守る」(生体防御)のためだからです。

例えば、ばい菌が体に入って来て病気を起こした場合、その体は熱を高くする事によって、そのばい菌をやっつけて、病気を早く治そうとしているわけです。ですから「熱が出た=解熱剤」だと、ばい菌をやっつける事ができなくなり、病気の回復も遅れます。

そして薬の効果が切れるとまた解熱剤というふうでは、熱が上がったり、下がったりで体力を消耗し、病気の回復がさらに遅くなります。「解熱剤を使うか」という事は、病気やその病気の重さによって違い、これを決める事は大変難しい事です。

また熱の経過は、病気の診断上大変重要なデータのひとつですので、解熱剤でこの熱の経過を狂わせると、診断を遅れさせたり、誤診の原因になります。

●楽な衣服で静かに寝かせ、水分を与えて温める

熱を出した時の一般的な手当ては、「静かに寝かせる」「厚着をせず、楽な衣服にする」「水分は十分与える」「冷やし過ぎない(得に赤ちゃん)」「手足が冷たい時は温める」などです。

衣服は、夏の暑い時でも必ず1枚は着せて下さい。汗をとるために必要です。また、汗がたくさん出るほど水分不足になりますから、水分は十分与えましょう。(熱が高い時は冷たい方が喜びます)氷のう、氷まくらなども、直接熱を下げるわけではありませんが、冷やせば気分はよくなります。

ただ、「冷やし過ぎ」に注意して下さい。得に赤ちゃんでは、氷りまくらは背中まで冷やしてしまいますので、背中にあたる部分は厚いタオルで覆って下さい。

TOP

2009/05/11 子供の事故・病気 ニュース
民主・小沢代表、辞任の意向

L-Care幼稚園リストL-Careクラブ育児情報リンクカウプ指数
育児子育て幼稚園公立幼稚園私立幼稚園病気肥満
Copyright © 2000-2010 L-Care All Rights Reserved. サイトマップ 
カウプ指数

赤ちゃんマット
出産祝い
育児本Shop
通販カタログ

家庭の医学 こどものための こころの事典
家庭の医学